プレイテックライブカジノソフト

プレイテック社は1999年にオンラインゲームの場をターゲットにして最初にビジネスを始めてから、ずいぶんな発展を遂げてきた。そのポートフォリオはスロットやポーカーを含む何百ものカジノゲームを含み、またオンラインビンゴやくじ引きの装置をいくつものカジノに供給している。

当社は2003年にライブカジノの分野の競争に加わった。今日それは2つの異なる種類のクライアントにサービスを届ける2つのスタジオを誇っている。ラトビアンスタジオはヨーロッパのプレーヤー向けで、フィリピンのスタジオはアジアのプレーヤー向けに特別にデザインされている。

ゲーム
それがオンラインライブカジノゲームであるのなら、プレイテック社はそれをリストの中に持っているか、持とうとしているかのどちらかだ。その主とするものはバカラ、ブラックジャック、カジノホールデム、大小、ハイ&ロー、ルーレットだが、もちろんそれらはひねり付きだ。

まずブラックジャックは7シートか無制限のマニュアルカードシャッフルのどちらかになる。ルーレットはシングル0だ。例ヨーロッパ人とあなたはもし調子が良いなら、賭けをもう一度リユーズすることが出来る。聞かれればこれら全てが通常のフィーチャーのように聞こえるだろう。しかし通常はここまでなのだ。

言語ファクターの取り入れ:プレイテック社は英語が話されていない国々に多くの顧客がいることに気付き、スペイン語とイタリア語を母国語とするディーラーに研修を施して、この市場に参加できるようにした。イギリスに住んでいる人々は忘れられたわけではなく、イギリス人ディーラーによって進められる専用のテーブルが割り当てられている。

またプレイテック社は、ルビールームというVIPゲームエリアを発表し、こちらはバカラのハイローラー用のエリアだ。プレイテックのインターフェイスもあなたのゲーム体験をより良いものにしてくれる多くのことができるため、触れておくに値するだろう。ディーラーと話せる(ディーラーの声を消したいならそうすることも可能)ことに加え、あなたの賭けをジロジロ見られることから隠す機会も与えてくれる。

当社はヨーロッパとアジア市場でサイトを運営しているため、ゲームを「分けている」。その意味するところは、どこでプレーしているかによって、無いゲームも出てくるということだ。その良い例は大小で、こちらはアジア市場でしかプレーできない。

モバイル
パソコン上でプレーできれば、それはモバイルデバイスでもプレーすることができるだろう。全てのプレイテックライブカジノゲームはモバイル対応だ。当社はあなたにいつでもどこでも好きにゲームを楽しむ機会を与えてくれている。

マイナス面
残念、こちらに関してはあまり言うこと無し。プレイテックは一流なのだ。

その他のサービス
当社がライブカジノゲームの全ての側面において足跡を残せるように、ベストを尽くしてきたことは確かである。それはイタリア、スペイン、そしてイギリスでライブテレビゲームを提供し、プレーヤーたちが携帯(テキストを介して)やリモコンなどを含む様々な機器を使って参加できるようになっている。

結論
本当にプレイテック社が成功しており、多くの市場リーダー達が失敗してきたように思われる点として挙げれるのは、彼らは決してイノベーションを止めないということだ。プレーヤー達がライブカジノゲームを要求すれば、彼らはそれを届けたのだ。

彼らがゲームをポケットやハンドバッグに入れて持ち歩きたいと思えば、当社はモバイルライブカジノを彼らに与えた。明らかにプレイテック社の開発チームが次のトレンドを打ち出すのは時間の問題だ。